1
No,01 詳しくは下記のURLまで💛
https://instagram.com/p/BRFWmUuANwu/






2
No,02 詳しくは下記のURLまで💛
https://instagram.com/p/BSmtTjxj09g/




3
No,03 詳しくは下記のURLまで💛
https://instagram.com/p/BSA7zoKA4Er/





4
No,04 詳しくは下記のURLまで💛
https://instagram.com/p/BSkwNqrD8gA/





5
No,05 詳しくは下記のURLまで💛
https://instagram.com/p/BR8b3yqD0uk/





6
No,06 詳しくは下記のURLまで💛
https://instagram.com/p/9ldAMMzUDb/





7
No,07 詳しくは下記のURLまで💛
https://instagram.com/p/BSkcpfkjQF8/





8
No,08 詳しくは下記のURLまで💛
https://instagram.com/p/BQejpEZFvLG/




9
No,09 詳しくは下記のURLまで💛
https://instagram.com/p/BSm1tbYApbC/





10
No,10 詳しくは下記のURLまで💛
https://instagram.com/p/BSV8jN2DaKJ/





11
No,11 詳しくは下記のURLまで💛
https://instagram.com/p/BSkg92gBuFl/





12
No,12 詳しくは下記のURLまで💛
https://instagram.com/p/BRex5nzBBYa/





13
No,13 詳しくは下記のURLまで💛
https://instagram.com/p/BO3YTBMAe5c/




14
No,14 詳しくは下記のURLまで💛
https://instagram.com/p/BSWKK36A8PB/





15
No,15 詳しくは下記のURLまで💛
https://instagram.com/p/BPw3dL3gXp6/




16
No,16 詳しくは下記のURLまで💛
https://instagram.com/p/w2cdBfCPZy/





17
No,17 詳しくは下記のURLまで💛
https://instagram.com/p/BSmyVuijsqE/





18
No,18 詳しくは下記のURLまで💛
https://instagram.com/p/BSetxYUFeQo/





19
No,19 詳しくは下記のURLまで💛
https://instagram.com/p/BQG6tWxlcY7/





20
No,20 詳しくは下記のURLまで💛
https://instagram.com/p/BSafwmjAQh-/





とっても癒されミニチュア・ダックスフンドの画像20枚でした。
気に入ったワンちゃんがいましたら、ぜひリンクURLから見に行ってみて?マークをポチッ!と押してください(*'▽')

インスタグラムをしていない方もこの機会にアカウント作ってワンちゃん以外にも癒し写真やきれいな写真がたくさん見れます(^O^)/
インスタグラムのアカウント取得方法は
【【こちら】】です


★INFO★
インスタグラムにて #いんすたわんわん のハッシュタグを付けていただきました画像を優先的に掲載させていただきます。
皆様の素晴らしい愛犬画像をお待ちしております。
また、@intsa_wanwan0 からフォローさせていただきますの合わせてよろしくお願いいたします。



ダックスフント

ダックスフント(独: Dachshund)は、ドイツ原産の犬種。ジャパンケネルクラブ(JKC)の登録名は英語読みによるダックスフンドだが、ドイツ語では文節末尾の d は濁らないため「フント」。

ドイツ語のアナグマを表すダックス(Dachs)と、犬を表すフント(Hund)を合わせた「アナグマ犬」を意味する。巣穴の中にいるアナグマを狩る目的で手足が短く改良された。なお、ドイツ語フント(Hund)は 英語で猟犬を表すハウンド(hound)と同根。

ジャパンケネルクラブ登録頭数は、記録の残る1999年から2007年までは1位、2008年以降は3位。 また、アメリカでも人気があり、アメリカンケネルクラブでの登録頭数は常に10位以内に入る。


容姿・性格


特徴的な容姿は胴長短足の体型。
顔は面長で、尾は長く、耳は下に垂れる形をしている。鼻孔が開いて空気を取り入れやすい形状で、マズルが長く鼻腔内の面積が広いため、嗅覚に優れている。鼻の色は基本的には黒だが、一部はレバー色、淡いピンク色もいる。

また、胸が十分に発達している。骨端が突き出ているので、前から見ると楕円形をしている。あばらはよく張って腹部につながっている。 短脚で、体長は長いが、引き締まった体格である。非常に筋肉質であり、向う気が強い頭部の保持と、警戒心に富んだ表情を見せる。 長い体に対して短い脚であるため、モタモタしたりする場合もあるが、歩様が制限されるほどではない。

生まれつき友好的で落ち着きがあり、神経質であったり攻撃的であったりということはない。情熱的で辛抱強い。ただ元々が猟犬であるがゆえに、時として攻撃的・負けず嫌い・頑固といった性格を見せる。


飼育上の注意

胴体が長く、腰や股関節などへの負担が大きいため、ヘルニアを代表とする関節疾患にかかりやすい。ジャンプ、高所や階段の昇降、滑りやすい床や路面の走行、肥満、抱え方等には注意が必要である。 脚が短いことから、地面と腹部が近いため、腹部を傷つけてしまったり、地面が熱い時は熱中症になりやすい。 垂れ耳であることから、蒸れやすく、ダニの寄生や細菌による外耳炎になりやすい。

肥満(ヘルニア)防止のダイエットや小型化を目的として、素人による餌の制限が安易に行われており、その個体に対する適度な分量の餌を与えられず、栄養失調から諸疾患を引き起こすケースも存在する。

また、ペットブームの影に行われた乱繁殖により、経験及び知識不足のブリーダーや素人繁殖が問題になっている。 この犬種は毛色の掛け合わせがアルビノ等の疾患と関係があることはよく知られているが、てんかん、股関節形成不全、PRA(進行性網膜萎縮症)等の遺伝性疾患を受け継いだり、障害を持って生まれてくる場合も少なくない。

そして、飼い主の事情で保健所、保護施設等に持ち込まれる問題も重なり、動物愛護の観点から「繁殖を行う者は充分な経験と知識を有するべきである」「素人は繁殖させてはいけない」という考えが広まっている。 2006年6月より、動物愛護法の改正によって動物取扱業未登録の者は有償での犬の譲渡ができなくなった。

ウィキペディアより抜粋



 カテゴリ
 タグ