p7



#둡모닝 🐶 오늘도 힘내자구욧!(૭ ᐕ)૭ - - -

김두부さん(@kim_tofu_0704)がシェアした投稿 -

チューリップ畑🌷に行って来たよ🐶🐶🐾🎶 … チューリップ🌷綺麗❤️ … 民家の裏に水車があった❣️ … まったり🕰ゆったり🕰時が流れる感じ🍀 … いいよね💕 … #dogstagram #dog #pomeranianworld #pomeranian #toyota_dog #多頭飼い #ポメ #ポメ部 #ポメラニアン #ポメラニアン部 #ポメスタグラム #ポメラニアンが大好き #ポメラニアンが世界一可愛い #ポメラニアンクリーム #ポメラニアンクリーム #白ポメ #ぽめ#ぽめらにあん #ぽめすたぐらむ #ふわもこ部 #いぬのいる生活 #いぬすたぐらむ #いぬなしでは生きていけません会

ナナ(2014.5.9生)&レナ(2014.10.5生)さん(@nanarena0510)がシェアした投稿 -

娘が幼稚園に入園して1週間😌🌸 集まりや準備などでバタバタでしたが、 やっと落ち着きました😅 ✽ 幼稚園に行っている間に ゆずとのんびりお散歩している時間が 至福のひととき☺️💓 ✽ コメントできなくてすみません🙇 また今日から訪問させていただきます❤️ ✽ #犬 #dog #개 #いぬ #いぬバカ部 #ポメラニアン #ぽめらにあん #パーティーカラー #パーティーカラーポメラニアン #パーティーポメ #pomeranian #포메라니안 #ポメラニアン部 #dogstagram #pomestagram #ポメラニアンが世界一可愛い #犬好きな人と繋がりたい #もふもふ #今日から復活 #癒し #のんびり

ななさん(@yuzu_73)がシェアした投稿 -

#ポメラニアン #ぽめらにあん #pomeranian #ぽめ #ポメ #佐倉ふるさと広場 #チューリップ

kazumiさん(@sakuchan625)がシェアした投稿 -

お花見🌸 #ポメラニアン#ぽめらにあん #pomeranian #犬#dog #pet #petstagram #桜

ぴきさん(@pikikun)がシェアした投稿 -

@marooooo0123がシェアした投稿 -




とっても癒されるポメラニアンの画像22枚でした。
気に入ったワンちゃんがいましたら、ぜひリンクURLから見に行ってみて?マークをポチッ!と押してください(*'▽')

インスタグラムをしていない方もこの機会にアカウント作ってワンちゃん以外にも癒し写真やきれいな写真がたくさん見れます(^O^)/
インスタグラムのアカウント取得方法は
【【こちら】】です


★INFO★
インスタグラムにて #いんすたわんわん のハッシュタグを付けていただきました画像を優先的に掲載させていただきます。
皆様の素晴らしい愛犬画像をお待ちしております。
また、@intsa_wanwan0 からフォローさせていただきますの合わせてよろしくお願いいたします。




ポメラニアン
ポメラニアンは、犬の品種(犬種)の一つ。祖先犬は、スピッツ系に属する他の犬種と同じく、サモエド(ロシアのシベリアを原産としたトナカイの番やカモシカ狩り、そり引きをする犬)であると言われる。
ポメラニアンという名前は、原産地のバルト海南岸の、3つの川に囲まれた低地であるポメラニア地方にちなんでいる。
現在のポメラニア地方は、大部分がポーランドに、一部がドイツに属しており、この地方では古来よりさまざまなタイプのスピッツ系の犬種が飼育されていた。
ポメラニアンは体躯の小ささから愛玩犬 (en:toy dog) に分類される犬種だが、もともとはジャーマン・スピッツのような中型のスピッツから品種改良を重ねて小型化された犬種である。国際畜犬連盟からもジャーマン・スピッツの一品種に分類されており、多くの国でツヴェルク・スピッツ(小さなスピッツ)として知られている。

ポメラニアンが流行犬種となったきっかけは、17世紀以降多くの王族が飼育を始めたことによる。
とくに愛犬家として知られるヴィクトリア女王が小さな体躯のポメラニアンを愛好し、熱心に繁殖させたことによってポメラニアンの小型化に拍車がかかり、世界的な人気犬種となっていった(一説には1888年、女王自らがこの犬をイタリアから持ち帰ったともいうが、一般にはもう少し以前からイギリスで飼われていたと考えられる)。
ヴィクトリア女王の存命中にポメラニアンの大きさはそれまでの半分程度にまで小さくなった。概してポメラニアンは頑健で丈夫な犬種といえるが、膝蓋骨脱臼と気管虚脱を発症することがある。また、まれにではあるが、「黒斑病 (black skin disease)」と呼ばれる遺伝性の皮膚疾患による脱毛症に罹患することもある。アメリカでは近年飼育数がつねに上位15位までに入っており、世界的な小型犬の流行に一役買っている犬種となっている。


性質
ポメラニアンは友好的で活発な犬種で、飼い主とともにいることを喜び、仲間の保護意識も旺盛である。
飼い主に強く依存し、躾がされていない場合には飼い主と離れることに激しい不安を感じることがある。環境の変化にも敏感なため新しい外的刺激に対して吠えやすい傾向にあり、放っておくと無駄吠えの癖がついてしまうことがある。縄張り意識も若干強く、外部からの騒音にも激しく反応する。とはいえ、ポメラニアンは知性豊かな犬種で躾が入るのもはやく、飼い主が適切な飼育をするならば素晴らしい家庭犬となる。


人気
アメリカではポメラニアンは人気犬種で、アメリカンケネルクラブの登録頭数は2000年から2010年にかけて上位15位以内に入っている。
日本でも1999年から2010年にかけて、つねに上位10位以内に入っており、2007年からは上位5位以内となっている。一方、イギリスでは2007年と2008年には上位20位にも入っていない。オーストラリアでは1986以来人気が減少しており、1987年にオーストラリア・ナショナル・ケネル・カウンシル (en:Australian National Kennel Council) の登録頭数は1987年の1128頭がピークで、2004年には491頭、2010年にも561頭の登録にとどまっている 。
2008年のアメリカ各都市別のランキングでは、デトロイトでアメリカン・ブルドッグ (en:American Bulldog) と並んで10位、オーランドでも10位[30]、ロサンゼルスで9位、シアトルでアメリカン・ブルドッグと並んでの7位、ホノルルではラブラドール・レトリバー、ジャーマン・シェパード・ドッグに続く3位など、大都市部で高い人気を誇る犬種である。


ウィキペディアより抜粋




 カテゴリ
 タグ